インドアな若者や加齢により体の衰えを感じ始めた方に多く挙げられる悩みに、勃起力などの精力の低下です。これらはなかなか改善することが難しく諦めてしまうことが多いですが、精力剤を使うことで簡単に改善することができます。精力剤には色々な種類があるので、自分に合った精力剤を探してみましょう。

シアリスの服用タイミングとクリニックの処方について

シアリスには有効成分としてタダラフィルが含まれています。
タダラフィルは分子構造がブロック状なため、体内で時間をかけて吸収されます。
またシアリスには食事の影響を受けにくいという特徴があります。

服用前に800kcalまでの食事を摂取しても効果に大きな影響はありません。
ただしシアリスは食前の空腹状態で服用するのが通常です。
食後に服用することも可能ですが、食前に服用すればさらに効果が高まります。

シアリスを空腹時に服用すると約3時間で効果が現れます。
体内でゆっくりと吸収されるので、めまいなどの副作用も発症しにくいという特徴があります。
タダラフィルには軽度のめまいや頭痛、顔のほてりや鼻づまり、消化不良などの副作用が存在しますが、実際に発症するのは服用した患者の3割ほどです。
副作用が発症しても症状は軽いため、基本的に問題はありません。
ただし硝酸剤を使用している場合などは副作用が重くなる可能性があるので、クリニックで相談する必要があります。

シアリスはゆっくりと時間をかけてEDを治療します。
正規に製造されているシアリスには5mgと10mg、20mgの錠剤があり、クリニックでは主に10mgか20mgが使用されます。
用量が多い場合にはピルカッターで割って服用することもできるので、5mgはあまり使用されていません。
効果の持続時間は10mgが20時間から24時間で、20mgは30時間から36時間です。
シアリスはED治療薬の中でも持続時間が非常に長いという特徴があります。

タダラフィルは食事の影響を受けにくいので食後に服用することもできますが、食前に空腹状態で服用するのが基本です。
効果が現れるまで3時間ほどかかるので、性行為の約3時間前に水かぬるま湯で服用します。
持続時間が非常に長く、特に20mgの錠剤は最大36時間にわたって効果が続きます。
副作用には軽いめまいなどが存在しますが、発症しにくいという特徴があります。
シアリスを使用すれば体に大きな負担をかけずにED治療ができます。

シアリスは病院処方が1番安全

シアリスの有効成分であるタダラフィルには血管拡張効果があります。
血管が開くと血圧が下がり、血流が促進されます。血圧が低下すれば副作用として軽いめまいを生じる可能性が存在します。

また血管が拡張されると脳の神経が刺激されるので頭痛を感じることがあります。
さらに血流が促進されると頭部や鼻の粘膜、消化管が充血します。
その結果として顔のほてりや鼻づまり、消化不良などを生じる可能性があります。
これらの症状は基本的に軽く、発症するのはシアリスを服用した患者の約3割です。

シアリスは副作用を発症しにくいED治療薬ですが、硝酸剤や慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬のように併用が禁止される医薬品が存在します。
これらの医薬品を併用すると過度に血圧が低下する可能性があるので危険です。
さらに健康状態によって処方できない場合があります。
直近3か月以内に心筋梗塞の既往歴がある場合や直近6か月以内に脳梗塞・脳出血の既往歴がある場合、網膜色素変性症の場合などは処方できません。

血液透析中の場合はシアリスを処方可能ですが、錠剤を割って5mgか10mgを投与し、経過を慎重に観察する必要があります。
高血圧や低血圧の場合は、病院で適切な治療を受けていれば処方可能です。
健康上の問題がある場合は副作用を強くする可能性もありますので、専門のクリニックで診察を受けて処方してもらうと安心です。
専門クリニックには例えば新橋ファーストクリニックがあります。

シアリスは基本的に安全なED治療薬ですが、硝酸剤を使用しているなどの場合には処方できないことがあります。
併用禁忌薬を使用している場合も新橋ファーストクリニックのような専門のクリニックで相談することが重要です。
海外から安く個人輸入することも可能ですが、専門のクリニックで処方を受ければ安心してEDを治療できます。

あわせて読みたい記事
アーカイブ