インドアな若者や加齢により体の衰えを感じ始めた方に多く挙げられる悩みに、勃起力などの精力の低下です。これらはなかなか改善することが難しく諦めてしまうことが多いですが、精力剤を使うことで簡単に改善することができます。精力剤には色々な種類があるので、自分に合った精力剤を探してみましょう。

精力剤と呼ばれている製品は数多くあり、それらは配合成分や効果によって異なっています。
そのため、精力剤を購入しようと思ってもどれを選んだら良いのか迷う人も多いです。
価格においても、数百点で購入できるものから数万円もする高級品もあるなど、多岐に渡っています。

自分に合った精力剤を選ぶためには、まずはその種類や効果を知ることが大切であり、それを踏まえたうえで自分の抱えている悩みを改善してくれる精力剤を見つけていくのが良いでしょう。

精力剤の種類について

精力剤は、その配合成分や働きによって強壮剤・強精剤・勃起薬の3種類に分類することができ、それぞれ作用の仕方や効果の現れ方、購入方法などに違いがあります。

強壮剤とは、食事だけでは十分に摂取することができない栄養素を補うための栄養補給剤のことで、健康食品やサプリメントなどに位置づけられるものです。
強壮剤を継続的に摂取することで、体全体の新陳代謝をアップさせて機能の働きを活性化させることで、精力を高めていくことができます。
一般的に精力剤といわれるのは強壮剤のことで、市販されているので手軽に購入することが可能です。
健康食品に分類されることから3種類の中でも効き目が緩やかで、数ヶ月程度継続的に摂取することで徐々に効果を実感できます。

強精剤は、男性ホルモンの分泌を活性化させることでホルモンバランスを整え、勃起力や精力向上に働きかける薬です。
この強精剤はED(勃起不全)や生殖機能の低下・更年期障害の治療薬等に使用され、男性だけではなく女性にも効果を発揮してくれるのが特徴です。
強精剤の中でも、有効成分によって医師の診断が必要な処方薬もあれば、インターネット通販で購入できるものもあります。

勃起薬は、ED治療薬のことで服用することで勃起状態を作り出すことができ、性交渉を行えるようになります。
主な治療薬としては「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」などがあり、どの薬も医師の処方が必要です。
ED治療薬と言っても一時的に勃起させるものであるため、症状の根本的改善にはなりません。
服用する後しばらくすると効果が出てくるので即効性はありますが、体調や体質によっては副作用を引き起こす可能性もあります。

バイアグラは、ED治療薬として世界で最初に製品化された薬で、日本でも最初に認可されました。
有効成分は「シルディナフィル」で、空腹時の場合には服用後30分程度で効果が出始め、その後4時間~5時間程度は勃起状態を維持することが可能です。

レビトラは、バイアグラの次に日本で認可された薬であり、有効成分は「バルデナフィル」です。
バイアグラは食事の影響を受けますが、レビトラは一定の食事内容であれば影響を受けにくい特徴を持っています。
空腹状態で服用すると約20分で効き始め、10mgや4時間~5時間・20mgは8時間~10時間程度効果を発揮することができます。

シアリスは、3種類の中で最後に認可された薬で、有効成分は「タダラフィル」です。
服用後約1時間~4時間程度で効き始め、10mgは20時間~24時間・20mgは最大36時間作用し、800kcal以下の食事であれば影響を受けないという特徴を持っています。

精力が減退する理由

精力が減退するのは、血流・男性ホルモン・自律神経が大きく関係しています。
勃起状態を作り出すためには、陰茎に大量の血液を送り込む必要があり、一気に流れ込んだ際の圧力によって勃起を引き起こすのです。
その圧力は、陰茎へと流れ込む血液量が多ければ多いほど強力な勃起を作り出せることから、血流はとても重要なわけです。
精力が減退すると、血流が悪くなり大量の血液が陰茎に流れ込まなくなるため、勃起を作り出すことが困難となります。

性的興奮を受けることで、脳を興奮状態にするテストステロンという男性ホルモンを分泌させます。
テストステロンは、全体の約95%が睾丸内にある精巣で生成され、男性らしい体を作り出します。
生殖機能では、精力増大・性的興奮・精子量アップなど、男性にとってはなくてはならないホルモンです。
そのため、テストステロンの生成量が減少すると、精力減退へと繋がるのです。

自律神経には、活動を司る「交感神経」と休息を司る「副交感神経」があり、男性の精力においては副交感神経が大きく関係しています。
副交感神経が働いているときは、体がリラックスしている状態であり性的刺激を感じやすい状態でもあるため、自律神経の働きが悪くなると、勃起しにくくなる可能性が高いということになります。

この3つが崩れることで精力減退へとつながるわけですが、その原因は「加齢」「ストレス」「不規則な生活習慣」が関係しています。

勃起を作り出すためのテストステロンは、20代でピークに達しその後30歳頃から徐々に減少し始め、60歳前後には20代の約半分にまで減少するといわれています。
このことからも、加齢は精力減退の原因として大きく関わっているわけです。

ED患者は、中高年だけではなく20代・30代の若い世代にも増加しているといわれており、その原因がストレスや乱れた生活習慣だと指摘されています。
ストレスは、自律神経の働きや血流と密接に関係しており、ストレスを溜め込むことで血行を悪くさせると共に、自律神経のバランスを崩します。
そのため、睡眠不足に陥ったり食欲不振で栄養バランスが崩れるなど、体に悪影響ばかりを与えることになります。
これでは性欲も湧いてこなくなり、やがて精力減退へと繋がって若い世代でもEDを発症してしまうのです。

市販されてる精力剤の特徴

精力剤には、医師の処方が必要な医療用医薬品もあれば、ネット通販でも購入できるものや市販されているものなど様々ですが、このうち市販されている精力剤の特徴はいったいどこにあるのでしょうか。

市販の精力剤の中で、サプリメントは健康食品に分類される強壮剤で医師・薬剤師の指導は必要ないため手軽に購入することができ、ドラッグストアはもちろんコンビニエンスストアでも購入可能です。
市販品で利用されている有効成分は、マカ・スッポン・マムシ・高麗人参・ニンニク・亜鉛・アルギニンなど、天然由来成分やアミノ酸・ミネラル類がほとんどです。

特に、マカを配合したサプリメントや栄養ドリンクが豊富で、マカには精力増大効果のあるアルギニンが豊富に含まれていることから滋養強壮効果があり、古代インカ帝国時代から男性の間で利用されていたともいわれています。
また、亜鉛は男性の性ホルモンであるアンドロゲンの生成に大きく関係しています。
更に最近注目されているのがクラチャイダムで、アルギニンなどのミネラルがマカよりも豊富で、精力増強効果に加え強力な勃起力を得られます。

ネット通販では、ED治療薬(バイアグラ・レビトラ・シアリス)のジェネリック医薬品を購入することもでき、新薬よりも安価に購入が可能です。

バイアグラのジェネリックには「バイスマ」「カマグラゴールド」などがあり、1錠約315円から購入することができます。
新薬の場合、ネット通販でも購入可能ですが1錠約1,215円~と、ジェネリックの約4倍の値段となっており、いかにジェネリックが安価なのかが分かります。

レビトラのジェネリックには「レビスマ」「バリフ」などがあり、新薬の通販価格が1錠約1,277円~なのに対し、バリフは1錠約152円~とおよそ8分の1の値段で購入することが可能です。

シアリスのジェネリックには「シアスマ」「タダシップ」などがあり、1錠約315円~と新薬の通販価格(1錠約1,451円~)のおよそ4分の1の価格で購入できます。

これらED治療薬のジェネリックは、海外の製薬メーカーが製造したものであり、購入する場合には輸入代行業者に依頼することになります。
安易に購入すると偽物を飲んでしまう可能性があり、大きな副作用を起こす危険性があるからです。
そのため、ジェネリック医薬品購入は実績が豊富で信用の高い輸入代行業者を利用するようにしましょう。